紹興人と教育

「臥薪嘗胆」の故事由来の地である紹興は、民間資本が強く、浙江商人に代表される商業都市でもあります。 魯迅生誕の地である紹興は、その歴史や経済的豊かさから、「反日」の心配のいらない土地でもあります。

紹興市においては、59,800人が大学に在籍し、毎年本科生および専科生15,500人が卒業しています。 また、23校の中等職業技術学校があり、64,400人以上が在籍しています。 毎年、500人が日本語専門学校を卒業し、多くの日系企業で活躍しています。

紹興市の人件費・賃金水準

2013年1月の最低賃金の基準は、月給1310元、時給10.7元となっています。 都市および長江デルタ主要都市よりも負担は少なくなっています。

社会保険

進出企業が負担する人件費は、給与+企業負担分の社会保険料となり、企業の負担割合は、地域・都市によって異なりますが、紹興市は他の都市に比べて企業負担分が低率となっています。

※本ウェブサイトのテキストは、日本国際経済開発LLPの協力を得て作成されました。